マイカーローンの種類と特徴

マイカー

「社会人になったらマイカーを購入しよう」と夢見ている人は結構いると思いますが、ほとんどの人はしっかり貯金をしてマイカーの購入資金を貯めたとしても、ローンを組んで購入をすることでしょう。

今回は、そんなときに重宝するマイカーローンについて、今回は解説をしていきたいと思います。


 

マイカーローンとは

そもそもマイカーローンとはなんでしょうか?

マイカーローンとは文字通り、車を購入する際に利用するローンのことであり、他に自動車ローン、オートローン、カーローンとも呼ばれています。申込方法としては新車購入時に自動車販売会社を通じて申し込む方法と、銀行や信用金庫などの金融機関に申し込む方法があります。

マイカーローンの利用によって、まとまった資金がなくても自動車の購入ができるようになります。

 

マイカーローンの歴史

マイカーローンは、1920年代のアメリカでゼネラルモーターズやクライスラーによって導入されたのが始まりと言われ、マイカーローンの導入により、低所得の家庭でも車を購入することができるようになりました。

日本においては、1960年代にプリンス自動車(現日産自動車)がマイカーローンを提供したのが始まりです。その後、各メーカーで割賦販売方式が導入されていきました。

 

マイカーローンの形態

マイカーローンには、2つの形態があります。1つは、預金金融機関が提供するもの、もう一つは信販会社が申込むものです。

 

預金金融機関

預金金融機関とは、日本においては生業として預金または貯金の受け入れを行うことのできる金融機関のことを言います。金融機関でマイカーローンを申込みすると、審査が入ります。審査が通れば契約となり、自動車購入のための資金が契約者の預金口座に振り替えられます。

契約者は預金口座から自動車の購入資金を販売会社に振込、その後は、毎月口座振替によって金融機関に返済していきます。

預金機関のメリットは、信販会社などに比べると金利が安いことですが、審査のハードルが高いことがデメリットとしてあげられます。

 

信販会社

信販会社とは、販売信用を主な事業とする会社です。自動車販売の場合、自動車会社系のファイナンス会社や信販会社が提供していることが多いです。ローンの仕組みはショッピングやクレジットとほぼ同じです。信販会社が一定の審査を行い、その後に車の購入代金を立て替える仕組みです。代金を立て替えた時点で、販売会社との売買契約は成立となります。あとは信販会社に対して融資金を分割で返済していくことになります。

メリットとしては、預金金融機関と比べると若干審査が通りやすく、販売会社と提携している場合が多いため、手続きのほとんどを販売会社が代行してくれる点にあります。

デメリットとしては、預金金融機関と比べると金利が高いことが挙げられます。

 

まとめ

以上、マイカーローンの種類とその特徴について述べてきました。

ポイントを改めてまとめてみましょう。

 

  • マイカーローンには預金金融機関のローンと信販会社のローンの2種類がある。
  • 預金金融機関のローンは、審査のハードルが高いが、金利が安い。
  • 信販会社のローンは、審査のハードルが低いが、金利が高い。

 

マイカーローンは組み方によっては金利が高くついたりすることもあるので、きちんと調査のうえ、ローンを組みましょう。
 

こんな記事も皆さん読まれてます