フリーローンの種類と特徴

ローンの返済

フリーローンと聞くと、「何がフリーなの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。これはキャッシングやカードローンと同じでお金を借りるサービスですが、逆にそれらとは何が違うでしょうか?

今回はフリーローンについて解説いたします。


 
 

フリーローンとは

そもそもフリーローンとはなんでしょうか?

フリーローンは、主に銀行が取り扱っているローンで、目的を問わないローンのことです。キャッシングやカードローンとは、金利や借入回数、使用目的などが異なります。これに対してフリーローンは、事業資金や投機性資金以外であれば目的は問わない場合が多いです。

また、担保が必要な有担保ローンと、担保が必要ない無担保ローンの2種類があります。フリーローンは基本的に無担保で利用できますが、有担保のほうが大きな金額を低金利で借りることができます。

 

フリーローンとキャッシング・カードローンの違い

フリーローンとキャッシング・カードローンとの一番の違いは、カードローンはいつでも追加で借入をすることができますが、フリーローンはできないということです。キャッシングやカードローンは決められた枠内であれば、何度でも借入ができるのです。

フリーローンの場合は、追加で借入をする場合には、再度申し込みをして審査が必要となります。初回の審査同様、時間がかかっていまいます。何度もお金を借りる予定がある人は、キャッシングやカードローンのほうが良いでしょう。

 

フリーローンのメリット・デメリット

フリーローンのメリットは、ずばり金利の低さと資金用途に制限がないことです。金利はキャッシング、カードローンの半分以下という金融機関もあります。金利が低いため、返済を早めることができます。

フリーローンのデメリットは、追加融資を受けられないことです。一度借入をしたあとに、どうしても再度融資を受けたい事情ができてしまった場合、すぐに借りることはできません。

また、契約に時間もかかります。即日融資が可能なフリーローンはほとんどないため、書類の郵送や審査など、時間がかかっていまいます。今すぐにお金が必要という人は、フリーローンの利用は控えたほうがよいでしょう。

 

まとめ

以上、フリーローンの種類とその特徴について述べてきました。
改めてフリーローンのポイントをまとめてみましょう。

  • フリーローンとは、事業資金や投機性資金以外であれば目的は問わない。
  • フリーローンは基本、無担保型である有担保型もあり、有担保型は金利が安い。
  • フリーローンとキャッシング・カードローンの最大の違いは、フリーローンは追加で借入ができないこと。
  • フリーローンのメリットは低金利であること、使用目的に特に制限がないこと。

フリーローンは、何度もお金を借りたり、急ぎで資金が必要な人には向きませんが、低金利でまとまった金額を借りたい、借り入れを急がない人にはぴったりなローンです。
 

こんな記事も皆さん読まれてます