カードローンの種類と特徴

クレジットカード

皆さんは、カードローンという言葉をご存知でしょうか?

ローンの種類の一つですが、どういったローンなのかをパッと言える人はあまりいないでしょう。

カードローンについて今回は解説をいたします。


 
 

カードローンとは

カードローンと聞くと、カードを使ってお金を借りることをイメージする人も多いと思いますが、実はそうではありません。

カードローンとは、銀行や消費者金融などの金融機関が、個人に無担保で融資することです。返済は分割で行うことができますが、無担保での融資となるため、審査が厳しくなります。以前は、カードローンというと銀行の小口融資商品というイメージがありました。しかし、最近では消費者金融の個人向け融資もカードローンと呼ばれることがあります。

カードローンの特徴は、利用限度額の範囲内であれば、何度でも好きな時にお金を借りられることです。

カードローンと混同しやすいローンにフリーローンがあります。フリーローンもカードローンと同様、銀行等の金融機関が提供している個人向け融資商品ですが、カードローンとは異なり、審査なしに何度も借入を行うことができず、追加で融資を受けたい場合には再度審査を受け、契約をしなければなりません。

借り入れごとに審査が必要となる反面、フリーローンのほうがカードローンより金利は低く抑えられています。

 

カードローンの種類

カードローンには大きく分けて、銀行系カードローン、流通系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンの4種類があります。

それぞれのカードローンには、メリット、デメリットがあります。

 

銀行系カードローン

銀行からお金を借りることのメリットは、金利が低めに設定されているということです。

また、給与の振込や各種公共料金の引き落としなどをしていると、提示されている以上に優遇された金利を適応される場合もあり、貸金業法にかからない融資として扱われるため、年収の1/3以内などという貸し出し上限がありません。

デメリットは審査が厳しいことです。また、最近は他のスピードで審査する商品も出てきていますが、申し込みから融資までにほかの会社より時間がかかることが多いです。

 

流通系カードローン

流通系カードローンとは、百貨店やショッピングセンターなどのお店が発行しているクレジットカードに付随しているカードローンです。メリットは、お店の顧客の獲得を目的としているため、審査やカード発行が早いことです。

また、利用状況によってはポイントがつくことがあります。

デメリットとしては、金利が比較的高く設定されているため、返済期間が長くなる借り入れには不向きだと言う点です。

 

信販系カードローン

信販系カードローンとは、信販会社が発行するクレジットカードに付随するカードローンです。

メリットとしては、銀行系に比べると審査が緩いということ、普段利用しているクレジットカードでお金を借りることができるということです。

デメリットとしては、流通系カードローンと同様、金利が高めに設定されており、長期間借り入れをしたい場合には、不向きだということです。

 

消費者金融系カードローン

消費者金融が取り扱うカードローンです。メリットはアルバイトやフリーター、専業主婦など収入が低い人でも借り入れができるほど審査が緩く、審査時間も比較的短めであることです。

デメリットとしては、比較的金利が高めであると言う点です。

 

まとめ

以上、カードローンの種類とその特徴についてです。

ポイントを改めてまとめてみましょう。

 

  • カードローンとは銀行や消費者金融など金融機関から無担保で融資を受けること。
  • カードローンの最大の特徴は限度額の範囲であれば何度でも追加で借りられるということ。
  • カードローンには、銀行系、流通系、信販系、消費者金融系の4種類があり、それぞれメリット・デメリットがある。

 

カードローンは一度契約をすれば、利用限度額の範囲内で何度でも借りられる便利なローンです。

しかし、他のローン同様、無計画に借りてしまうと大変なことになります。借り入れを行うときは注意をしましょう。
 

こんな記事も皆さん読まれてます